セレブデンタルオフィス
HOME>設備紹介

| 設備紹介 |

キーレーザー(MI治療)
キーレーザー(MI治療)

MI治療とは“Minimal Intervention”の略で、「最小限の侵襲」と言う意味です。 健康な歯をできるだけ削らない、人にやさしい虫歯治療法です。
従来の虫歯治療では、詰め物が外れないようにするため虫歯以外の部分まで大幅に削り、その部分が再び虫歯になるとさらに削り、やがては神経を取ることになり、最終的には抜歯という悪循環な治療になることが多々ありました。

歯のエナメル質は生体の中でも絶対に再生できない組織のひとつです。細胞自体がないため、一度削られると二度と再生できないのです。
そこで、今ある歯をできるだけ削らずに保存しよう、生まれ持った歯を残して歯の寿命を長くしようという思想から登場したのがMI治療です。MI治療では基本的に虫歯の部分だけをレーザーで削り、空いた穴に「接着性レジン」という材料で埋めます。接着性レジンは歯と同系色の樹脂で、歯に取付けて一体化できる優れた素材です。しかも通常の虫歯治療に比べて虫歯になりにくかったり、痛みも少ないというメリットもあります。
しかし、MI治療は重度の虫歯には使用できません。ですので積極的に定期検診を受け、虫歯の早期発見をすることが重要です。