セレブデンタルオフィス
HOME>最新の設備

最新の設備

ピクト

歯が痛くない状態でも、虫歯になっているケースは多々存在します。しかし、本当に虫歯なのか、治療が正しいのかが不安になったことはございませんか?

当院では、口腔内カメラ「ピクト」を採用し、患者様の現在のお口の中を液晶テレビモニターを通して実際にご覧いただき、治療内容、方針等について 詳しく説明し納得のいく治療を提供していきたいと思っています。

実際に患者様にご覧になって頂けるので、安心して治療を受けることが出来ますし、患者様自身も関わりながら治療が可能です。虫歯だからと言って医師にまかせっきりにするのではなく、自分の現在のお口の状態を知っておくのもとても大事なことです。

キーレーザー(MI治療)
キーレーザー(MI治療)

MI治療とは“Minimal Intervention”の略で、「最小限の侵襲」と言う意味です。 健康な歯をできるだけ削らない、人にやさしい虫歯治療法です。
従来の虫歯治療では、詰め物が外れないようにするため虫歯以外の部分まで大幅に削り、その部分が再び虫歯になるとさらに削り、やがては神経を取ることになり、最終的には抜歯という悪循環な治療になることが多々ありました。

歯のエナメル質は生体の中でも絶対に再生できない組織のひとつです。細胞自体がないため、一度削られると二度と再生できないのです。
そこで、今ある歯をできるだけ削らずに保存しよう、生まれ持った歯を残して歯の寿命を長くしようという思想から登場したのがMI治療です。MI治療では基本的に虫歯の部分だけをレーザーで削り、空いた穴に「接着性レジン」という材料で埋めます。接着性レジンは歯と同系色の樹脂で、歯に取付けて一体化できる優れた素材です。しかも通常の虫歯治療に比べて虫歯になりにくかったり、痛みも少ないというメリットもあります。
しかし、MI治療は重度の虫歯には使用できません。ですので積極的に定期検診を受け、虫歯の早期発見をすることが重要です。

ソニックシステム
ソニックシステム

通常虫歯を削る場合は回転器具を使用していますが、ソニックシステムでは音波振動をベースにしています。従来の回転器具に代わり、チップ(歯を削る器具の先端)が振動するだけなので難しい隣接面も最小限の切削量で行えます。
先端は11数種のチップがあり、クリーニングやハイレベルな研磨等の作業がこなせます。さまざまな治療に合わせて先端を変えることができるので、正確で安全な治療が可能です。

虫歯診断装置(ダイアグノデント)
虫歯診断装置(ダイアグノデント)

レーザーの光を歯にあてることで、レントゲンや肉眼で発見することのできない初期の虫歯を発見することが出来ます。
これまでの虫歯の治療では、レントゲンや、歯科医師の目によって虫歯を見つけ出し治療していましたが、実は歯が黒くなっているからと言って100%虫歯だと決めつけるのはまだ早いのです。
当医院ではレントゲンや歯科医師の目だけではなく、虫歯診断装置を使い本当に虫歯であるのか、歯を削る必要はあるのか。などを見極めたうえで、歯を最小限の範囲で削り治療を行っております。また虫歯の予防に大いに活躍します。

歯科用CT
歯科用CT
2015年、CTを導入しました。
レントゲンでは平面的にしか撮影することができませんでしたが、CTを使用することで立体的に撮影することが可能になりました。
 
特にインプラント治療を安全に行えるか検査をする上で骨の厚みや高さを正確に診断することが可能になりました。